【パフォーマンスを上げたい!】アスリートが、今すぐ鍛えるべき〇〇力とは?

筋トレ マッチョ タイヤ 筋トレ
もへじ君
もへじ君

かずにぃ

かずにぃ
かずにぃ

お、もへじ君!
どしたの?

もへじ君
もへじ君

相談があって

もへじ君
もへじ君

足を速くしたいんだけど
どんな運動をした方が良い?

かずにぃ
かずにぃ

足を速くしたいんだね。
瞬発力を高めるトレーニング行うといいよ!

もへじ君
もへじ君

瞬発力を高めるトレーニング?
普通のトレーニングとは違うの?

かずにぃ
かずにぃ

うん。筋肉をつけたい人が行うトレーニングと
瞬発力を高めたい人が行うトレーニングは全然違うんだよ。

もへじ君
もへじ君

そうなんだ。ただ重たいものを持つだけじゃだめなの?

かずにぃ
かずにぃ

瞬発力を上げるには、瞬発力を上げる為のトレーニング方法というのがあるんだよ。

もへじ君
もへじ君

なるほど・・・
その瞬発力を上げるトレーニング教えて!

かずにぃ
かずにぃ

おっけー!

瞬発力とは

【瞬発力】とは一体どういう力なのか。
瞬発力とは、
「瞬間的に発揮する筋肉の力」の事です。
・高く飛ぶ
・早く走る
・勢いよく投げる

など、筋肉を早く動かす力の事を瞬発力と呼びます。

瞬発力が必要なスポーツはたくさんあります。
長時間動き続けるスポーツ(マラソンなど)を除いてほとんどの種目にはこの瞬発力が必要とされます。

もへじ君
もへじ君

なるほど。じゃあスポーツ選手は積極的に鍛えた方がいいんだね。
どんなトレーニングをすればいいの?

かずにぃ
かずにぃ

「スピードを意識したトレーニング」を行うといいよ!

もへじ君
もへじ君

スピードを意識したトレーニング?
もう少し詳しく教えてください!

スピードを意識したトレーニングとは?

正しい筋トレのやり方として教わる
「丁寧にゆっくり動かす」トレーニングではなく

「丁寧に素早く上げる」トレーニング

これを意識することで瞬発力を鍛えることが出来ます。
また、瞬発力を上げる為のトレーニングもあるのでそれを紹介します!

スクワットジャンプ

通常のスクワットに加えジャンプ動作を取り入れたトレーニングです。

スクワットジャンプ
引用:https://www.youtube.com/watch?v=-glFe1lSyQI

下半身の瞬発力を鍛えるトレーニングです。
やり方は以下の通り
①肩幅で立つ(つま先は少し開いて)
②膝の角度が90度になるまでしゃがむ
③そこからなるべく高くジャンプする
①~③を連続で繰り返す

✔ジャンプ力を上げたい
✔下半身の力を下半身に連動させたい


という人はぜひ実践してみましょう!

スプリットスクワットジャンプ

まずはこちらをご覧ください。

スプリットスクワット ジャンプ【Personal Studio GRACE】
引用:https://www.youtube.com/watch?v=0jnpuk-OJ7w

これは腸腰筋という股関節の筋肉の瞬発力を高めるトレーニングです。
やり方
①肩幅で立ち片脚を1歩前。
 もう片脚を1歩後ろに引く
②スクワットと同じようにしゃがんだところから一気にジャンプすると同時に脚を入れ替える
①と②を繰り返す。

このトレーニングを行うことで、腸腰筋の瞬発力が上がり
「脚を速く動かすことが出来る」
「ジャンプ力が上がる」
といったトレーニング効果があります。

✔脚を速くしたい
✔股関節の動きを強化したい

という人はぜひ実践しましょう!

アンクルホップ

ふくらはぎの瞬発力を高めるトレーニングです。

【スティッフレッグド・アンクルホップの正しいやり方】省スペース&スキマ時間で腓腹筋を鍛える|Training Movie 100|Tarzan Web
引用:https://www.youtube.com/watch?v=kjdEBB9qO5k

ふくらはぎの瞬発力を高めることで、軽快にリズミカルな動きを手に入れることが出来ます。
やり方は
①腰幅でまっすぐ立つ
②膝は伸ばしたまま、ふくらはぎの筋肉を使って跳ねる
③着地すると同時につま先で地面を蹴ってまた跳ねる
①~③を繰り返す。

ふくらはぎの動きを良くすることで
「素早い動きが可能」
「動き出しが早くなる」
というようにライバルと差をつけることが出来ます。
ふくらはぎは、軽視されがちですがこの筋肉を鍛える事は非常に重要なのです。

✔動きにリズムを生みたい
✔一歩目の踏み込みを速くしたい
✔初動を速くしたい

という人はぜひ実践しましょう!

プッシュアップジャンプ

今度は上半身の瞬発力を高めるトレーニングです。

プッシュアップジャンプ、腕立てジャンプ
引用:https://www.youtube.com/watch?v=wHdvZGA84YU

これは、胸だけでなく上半身の様々な筋肉を使うことが出来ます。
やり方は
①通常の腕立て伏せのようにひじを曲げる
②勢いよく肘を伸ばして体を起こす
③着地したらまた腕立て伏せを行う
①と③を繰り返す

上半身の筋肉の瞬発力を鍛えることもお忘れなく。
特にコンタクトスポーツを行う人はしっかり鍛えておきましょう。

✔ライバルに押し負けたくない
✔ライバルに当たり負けしたくない

という人に必須の種目です。

バーピージャンプ

スパルタお腹痩せ バーピージャンプ!
引用:https://www.youtube.com/watch?v=rDqz4-U97PQ

最後は全身の連動性と瞬発力を上げるトレーニングです
やり方は
①ジャンプ
②腕立て伏せ
①と②を繰り返す

下半身の種目と上半身の種目を連動させて行う種目です。
この「連動性」というのが競技力を上げる為にはとても重要な要素になります。

連動性がスポーツに必要なわけ

テニスを例に挙げてみましょう。
テニスを見たことありますか?
テニスは数ある競技の中で最速スピードが最も速いスポーツで、あの松岡修造選手のサーブの最高速度は時速220㎞とのことです。
でも、体が大きいわけでもなく腕が太いわけでもないですよね?

じゃあなぜあそこまで早いサーブが打てるのか。

それこそが「連動性」なのです。
下半身→股関節→上半身
というように下半身で生み出した力を連動させて上半身が大きなパワーを発揮しているのです。
これはどの競技にも必要な要素になります。

競技力を上げるためにも今回紹介した「瞬発力」や「連動性」を意識したトレーニングを行っていきましょう。

かずにぃ
かずにぃ

他にも瞬発力を上げるトレーニングはいくつもあるけど、今日から実践できる種目はこのへんかな!

もへじ君
もへじ君

なるほど!
普通に筋トレしてるだけじゃ競技力は上がらないんだね。

かずにぃ
かずにぃ

そうそう。
俗にいう「見せ筋」になっちゃうよ

もへじ君
もへじ君

今まではひたすらバーベル持ってスクワットしてたけど、これからはジャンプも入れてみるよ!

もへじ君
もへじ君

今日もありがとう!

かずにぃ
かずにぃ

はいよ!
ちなみに俺もインスタで瞬発力トレーニングの動画載せたから見てみて

もへじ君
もへじ君

うお、結構動けるんだね

もへじ君
もへじ君

てかかずにぃ少し太った・・・?

かずにぃ
かずにぃ

そうなの
実はこれの為に少し不摂生な生活をしていたの

もへじ君
もへじ君

面白そう!
後でトレーニング一緒にやろうよ!

かずにぃ
かずにぃ

いいよいいよ!
いつでも連絡して!

もへじ君
もへじ君

お願いします!

かずにぃ
かずにぃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました